大学入試受験「英語」勉強法_33
英語に関しては自分で参考書は買わなかった。…



🌸🌸🌸🌸🌸

プロフィール

合格した大学
・東京大学 理科Ⅰ類
・早稲田大学 先進理工学部
※志望順

合格体験記🌸効果的だった!私の大学入試受験「英語」勉強法

英語に関しては自分で参考書は買わなかった。
学校で配られた英文法書「Vintage」、英単熟語「Duo3.0」を繰り返し演習した。
学校で週に1回テストを行っていたので、毎回のテストで満点を取れるように毎日少しの時間でも確認を心がけた。
部活の引退が遅く、高3の秋頃だったため、引退後はテストで間違えた部分を見直し、ノートにまとめ、寝る前に逐一チェックするように心がけた。
英作文、長文等については、学校での対策が主だったが、過去問等をやったときには先生に添削してもらい、問題の形式に慣れるように、また減点されにくい答案を作ることを主軸に置き、演習を行った。
参考書をいくつも手を出して問題演習を行って復讐を疎かにするより、一つの問題集に拘って徹底的に復習を行っていくほうが性に合っていたので、それを実践した。
学校の授業のレベルが高く、長文を読むスピードや理解、リスニング、入試には直接関係無いがスピーキングの分野まで幅広くトレーニングを行うことができたため、英語が足を引っ張ることもなかったが、各大学(センター試験を含め)によって英語の出題の傾向は大きく違うため、それぞれに対応していけるように、過去問演習を注視したことが合格の土台になったのではないかと思う。
理系の場合、理科2科目、数学で得点を落としてしまっては話にならないため、英語は最低限の努力で最大限の得点も得られるように効率を重視して勉強を行っていった。

おすすめ参考書・問題集

・Vintage …問題数が多く解説がしっかりしているから。
・Duo3.0 …例文が特徴的であるため、文章読むだけで、単熟語の意味が頭に入ってくるから。収録語の数、質ともに十分であるため。
・コーパス4500 …受験期には使っていないが高1の段階で使っていた。日常学習には最適だと思う。
※以上どれも自分で買ったものではないため、「イチ押し」と言えるかどうかはわかりませんが使ってみた感想です。